回数減、持ち込み可…定期テスト見直しの動き 「教員の意識も変わった」ある中学校の取り組み

西日本新聞

 全国の中学校で、学期ごとの中間や期末試験といった定期テストを見直す動きが出ている。九州では、福岡県の須恵町立須恵中が本年度から、年5回の定期テストを6月と11月の2回に減らし、試験中に自学用ノートの持ち込みを認めるようにした。進学などで参考にされる通知表のためのテストになっている現状から、生徒の学ぶ意欲を高めて基礎学力の定着、向上を目指す実験的な取り組みとして注目される。

 2学期制を導入する須恵中は生徒数約500人の中規模校。3年前に着任した栗原美喜男校長(57)は、どの学校でも実施している定期テストの在り方に疑問を感じていた。「卒業直前にもあるがこの時期だと成績に反映されず、むしろ入試の妨げになっている」。テストの意義を問い直そうと考え、定期テストの全廃を教員に提案した。

 驚く教員たちと議論を繰り返し、成績評価のためにも各学期1回ずつのテストは残すことにした。「では、教科書やノートも持ち込んではどうか」。あえて極端な方針を示し、議論を始めた。再び教員たちと意見を重ね、自ら学ぶ意欲の向上という趣旨に合致させるため、ノートの持ち込みに限って認めることにした。

 定期テストの回数が減っても、教員の仕事量が減ったわけではない。生徒の理解度を確認するために教科の単元ごとの小テストを繰り返し、定期テストでは自学ノートを見直しただけでは解けない設問も考えなければならない。「教員の意識も変わってきている」と栗原校長は手応えを語る。

 1回目の定期テストは6月に実施。生徒の反応は「英単語を書いただけのノートは役に立たない」「問題量が多く、覚えておかないと時間が足りない」。一夜漬けでの高得点は難しく、3年の矢野優那さん(15)は「深く充実した自学に変わってきた」と話した。

 定期テストは学習指導要領で規定されておらず、実施の義務はない。文部科学省も「どのように生徒を評価するかは各校の判断」とする。全国では東京都千代田区立麹町中や世田谷区立桜丘中、金沢市立西南部中が定期テストを廃止。単元テストなどで生徒の課題認識や成績評価につなげている。西南部中の担当者は「生徒が自主的に学ぶ力を大切にしたい」と強調する。

 須恵中の栗原校長は「変化する時代にどう対応していくか、生徒も教員も考えながら学ぶ必要がある。新たな試みの定期テストで、課題が出てくれば修正を加えるなど柔軟な姿勢で臨む」と話している。 (四宮淳平)

学ぶ過程重視へ転換

 福岡教育大の鈴木邦治教授(教育経営学)の話 須恵中のような定期テストの見直しは、テスト結果を重んじる従来の教育から、学びの過程を重視する手法へと転換する動きといえる。テストの回数が減って準備期間が長くなりノートを持ち込めるようになったことで、生徒たちには効果的な復習や級友の学び方に目を向けるという意識の変化も芽生えるだろう。知識や技術がどんどん新しくなる現代にあっては、学び続ける力を身に付ける必要がある。何のために学ぶのかを問い直し、改革していく姿勢が学校現場に求められている。

西日本新聞社

高学年の子供を算数好きにするためには?

ベネッセ教育情報サイト

小学校高学年になると、算数が苦手だと感じている子供が増えてくるようです。そうした子供にも算数がおもしろいと思ってもらうには、どうしたらよいでしょうか。ベネッセコーポレーションの教育総合研究所顧問を務める八木義弘先生にお話を伺いました。

自力解決する力を身につけさせて

長年、私は小学生に算数を教えていましたが、授業をしていて子供たちがいちばん喜ぶのは「自力で問題解決できたとき」です。特に低学年の頃は、計算問題がすらすら解けるのでそうした経験がたくさんできるため、「算数が好き」と答える子が多いのではないでしょうか。ただ、学年が上がり難しい問題や抽象度の高い内容に出あい、一度つまずいてしまうと、系統性の強い算数・数学ではそれ以降がわからなくなり、苦手意識をもってしまう子が増えていくのです。

苦手意識をもちはじめた子供に算数を好きになってもらうには、1 「自分で問題が解けた!」という喜びや、本当に「わかった」「できた」「考えた」をもう一度味わい、やる気をおこさせることが、いちばんの近道だと考えています。そのために、算数は、理科や社会に比べ、1時間ごとの授業で問題解決を行う教科のため、たくさんの成功体験を得られやすい教科なのです。2 生活場面と結びつけて、多くの体験をしながら学ぶことです。「解けた!」という喜びをもう一度経験し、自信を取り戻せるよう保護者のかたには既習の内容を教科書で振り返るなど、サポートしていただきたいですね。

自分で試行錯誤できる力を育てる

自力解決する力を育てるために大切なのは、算数の問題にしっかりと向き合い課題を把握し、解決の方法の見通しが立てられるようになることです。問題解決のプロセスには、下記の5つのステップがあります。

【1】課題把握
【2】解決の見通し
【3】自力解決
【4】検討
【5】まとめ

なかでも算数で大事なのは、【2】の解決の見通しを立てる力をつけることです。問題を解くことが苦手な子は、課題把握では、課題を正しく読み取らなかったり、どのように解決すればよいか、既習の学習を思い出して「解決の見通し」を考えずに立式したりして、誤るのです。一方、算数の得意な子は、問題を読んだら、これまでに学んだことを応用したり、図で考えれば解けるだろうと見通しを立てる力をもっているのです。

例えば、台形の面積の求め方を考えようという授業では、既に面積の求め方を学習した三角形や平行四辺形、長方形に分割したり変形したり、いろいろ工夫して求めさせます。

台形の公式を知らなくても、

1)分割してたす考え方
2)長方形や平行四辺形に形を変形する考え方
3)大三角形をつくり、面積を求めたあと、追加した小三角形をひく
4)面積を2倍にした平行四辺形にする考え方

といった方法で面積を求められます。他にもたくさん方法はあります。こうしたアイデアが思い浮かべられるようになるには、4年で学習した複合図形の面積(L字型)やパズルでたくさん遊んだ図形感覚が役に立つのです。

このように算数では、生活や遊びの中で体験したことを土台にすると、理解しやすくなることがたくさんあります。例えば、時間・速さの問題では、公式を覚えればいいと思うかもしれませんが、一定の道のりを自転車で走ったらどれくらい時間がかかるか、実際に測って速さを求めてみることで、(道のり)÷(時間)=(速さ)の公式の真の理解につながり、身につき活用する力となり、忘れないのです。

また、比を学ぶときにも、そうめんを食べるときにめんつゆを水で薄めた経験のある子は、表示されている比率で作れば、分量が違っても混合の比が同じなら、味は同じになることを知っています。ですから、めんつゆと水の比が1:3なら、めんつゆを150ml使うとき、水は何ml必要かという問題があったとしても、すんなり3倍の式を立てられるのです。

このように机に向かってじっと取り組むだけでなく、生活の中で経験したことが学校で学習することと結びつき、知識や技能が身につき、実際の算数の問題を解くのにも役立つんだとわかると、子供たちはますます算数が好きになり、自ら学ぶ力を高めていきます。ぜひ、高学年の子供であっても、生活と学校での学習をいききさせ、生活の中で具体的に算数が役に立つことを子供たちに実感させてあげてほしいと思います。きっと算数が楽しく感じられ、学校での授業にも意欲的に取り組めるようになるはずです。

つまずきは教科書に戻って復習を

もし、上記の【2】の解決の見通しの段階でつまずいているならば、既習の学習内容を共に思い出すため、教科書に戻ることをおすすめします。教科書はこれまで習った事項を踏まえて、丁寧に解説してあるので、子供がどこでつまずいているか把握するのにも適しています。正しい式が立てられるようになったら、あとは、類題を解いて、知識・技能をしっかりと定着させましょう。その際、「すごいね! どうしてこの式を書いたの」とその理由を聞いてください。根拠をもって説明する論理的な考え方が育成されていきます。誤った場合でも、ミスを責めるのではなく、どうすれば正解にたどりつけるかを一緒に考えてあげるよう心がけてほしいですね。

学習したことをしっかりと定着させるには、その単元のときだけ学習するのではなく、学習して何週間かたってから、もう一度見直すという長期的な復習が大切です。また、机に向かうばかりでは嫌になってしまいますから、例えば割合が苦手なら「今日は冷凍食品が4割引きだって。480円の4割引きはいくら?」などとともに学び合い、生活の中で楽しく復習を取り入れてほしいと思います。

ちょっとした工夫で、日常生活の中に算数の興味を広げ、復習ができるものはたくさんあります。子供と楽しみながらゲーム感覚で学んでほしいですね。

プロフィール

八木義弘
公立小学校校長、東京都算数教育研究会会長などを経て、現在は株式会社ベネッセコーポレーションの「ベネッセ教育総合研究所」顧問を務める。

※この記事は「ベネッセ教育情報サイト」で過去に公開されたものです。